理学療法士,作業療法士,言語聴覚士の求人・転職支援サービスのPTOTSTJOB

作業療法士を志した理由

現役の作業療法士さん5人がPTOTSTJOBのインタビューに応えてくれました。ここでは、インタビューの内容から「作業療法士を志望した理由」についてピックアップしたものを紹介しています。

もくじ

男性(39歳) 千葉県内の精神病院勤務の志望理由

家族に身体障害者がいるため、以前から作業療法に関心がありました。生活の質を上げ、自立した日常生活を歩むためには、この作業療法士の仕事がかかせません。また普段から日常を丁寧に生きることにも関心があるため、作業療法士の資格を志しました。

女性(33歳) 神奈川県内の高齢者施設勤務の志望理由

小さな頃から看護師を志望していましたが、自分が学生時代に入院して手術、リハビリを受けたさいに、理学療法士、作業療法士という仕事を知りました。そのときに、大変リハビリの先生にお世話になり自分もリハビリの仕事に付きたいと思いました。そして、より生活に密着したリハビリを行う、作業療法士を選びました。作業療法士は精神分野での仕事も多いので、理学療法士よりも作業を通じてリハビリを行うという部分に興味があり作業療法士を志望しました。

女性(27歳) 宮城県内の精神科のデイケア勤務の志望理由

幼いころ、精神科医を目指しており、体と心の繋がりを知りたいと思っていました。それは、自分自身に対する疑問でもあったため、興味があったのですが、年齢を重ねるごとに学力的に実現が難しく、その夢は薄れていきました。しかし、大学受験失敗の機会に進路を見直した時に、まさに自分の興味と合致している職業があり、それが作業療法でした。初めは、リハビリの仕事の存在も知らず、作業療法と理学療法の違いすら分かっていませんでしたが、生き生きとした暮らしを実現するためのお手伝いが出来る仕事、と聞いてワクワクしたことを覚えています。

女性(36歳) 兵庫県内の訪問看護リハビリステーション勤務の志望理由

母親が看護師だったこともあり、高校生の頃より医療系に進みたいと思っていました。医療系の職種について調べているうちに、園芸や陶芸、手芸、木工など、物を作ったり活動したりすることで精神や身体に障害のある方に対してリハビリを行う作業療法士という職種を知りました。作業や活動を通してリハビリを行うという方法に興味を持ち、作業療法士を志すきっかけとなりました。

男性(37歳) 千葉県内の介護老人保健施設(老健)勤務の志望理由

作業療法士になる前は国立大学を出て一般の会社で技術職として働いていました。しかし、職場での人間関係がうまくいかず、うつのような状態になってしまい、やめてしまうことになりました。しばらく休息した後に再就職を考えたのですが、なかなかうまくいかず、介護の仕事をしている母から作業療法士という職業を教えてもらいました。国家資格であり、取得することでほぼ確実に就職が出来ると考え、志すことを決めました。患者や利用者から感謝される職業なため、人付き合いの苦手な私に向いている職業と感じたのも理由の一つです。

【無料】転職サポートに申し込む

インタビュー関連記事

ページのトップへ