理学療法士,作業療法士,言語聴覚士の求人・転職支援サービスのPTOTSTJOB

作業療法士が行う治療法・業務

作業療法士が行う治療・業務

日常生活や社会生活を送る上で支援が必要なことに対して、なぜ行うことができないのかを評価し、行うことができるようになるために必要な機能の回復を図ることや、他の方法で行えるように提案をすること、また行いやすいように環境を整えることなどを行います。

患者様本人だけではなく、家族様や関係機関からの情報を得て、助言や指導も行います。

身体障害領域

病気や怪我に伴う身体機能の低下、認知機能面の低下などにより、日常生活に支障をきたしている方に対してのリハビリテーションを行います。できる限りの機能回復を図るとともに、障害のために行えないことも代替え手段や自助具の提供を行い、残存機能を利用して行えるように援助します。基本的な動作、日常生活動作、家事動作、就労や外出のために必要な作業や交通機関の利用の獲得を目指します。動作を行いやすくするために必要なスプリントや自助具の作成、環境整備の助言なども行います。

身体障害領域について詳しく見てみる

精神障害領域

精神疾患によって日常生活を送ることに困難を抱えている方に対してのリハビリテーションを行います。患者様に合う作業や活動を提供し、作業活動の体験を通して気分転換を図ること、患者様自身の作業能力・問題解決能力を促すこと、他の人達とのコミュニケーションを通して対人関係を学ぶこと、生活のリズム付けを促すことなど、日常生活や社会生活がその方らしく行えるように援助していきます。また、家事動作など個別に必要な動作の練習を行うこともあります。

精神障害領域について詳しく見てみる

発達障害領域

発達期に身体や知的に障害を受けた方が対象となり、その多くは子供です。遊びや創作活動などを利用して、運動機能や感覚面の発達を促すこと、発達時期に応じた身辺動作の獲得、認知・学習面の援助、心理・社会的側面への働き掛けを行っていきます。同時に子供を取り巻く家庭や学校・地域などへの働き掛けも行います。子供が生活しやすくなるように、姿勢管理のための機器や用具、動作を行いやすくするための道具などを導入・作成して環境を整え、家族や学校の先生との情報交換を行い、子供に対しての理解を深めるとともに、指導・助言を行っていきます。

発達障害領域について詳しく見てみる

老年期障害領域

加齢や病気、怪我などで身体機能や認知機能の低下がみられる高齢者で、日常生活を送るうえで介助が必要な方を対象にリハビリテーションを行います。これから加齢によってさらに機能低下が進んでいく将来を見据えて、その方にとってより良い生活が送れるために機能回復できること、代替え手段を用いれば行えること、予防的なアプローチが必要なことに介入していきます。また、様々な作業活動を提供し、楽しむ時間をつくって頂くこともあります。必要に応じて、家庭や施設の生活環境の整備や介護者への指導、助言も行っていきます。

老年期障害領域について詳しく見てみる

【無料】PTOTSTJOBの転職サポートに申し込んでみる♪

ページのトップへ