理学療法士,作業療法士,言語聴覚士の求人・転職支援サービスのPTOTSTJOB

作業療法士の仕事内容

作業療法士の仕事内容

作業療法士は心身に障害を負い、日常生活を送る上で支援が必要な方に対して作業・活動を通じてその人らしい生活が送れるように働きかけていきます。

起き上がる・座る・立つ・歩くなどの基本的な能力、食事・洗面・更衣・トイレ・入浴などの日常生活に必要な応用能力、家事や仕事、趣味活動など社会とつながるための適応能力の獲得を目指します。

もくじ

一般病院・リハビリ病院での仕事内容

病院の科目や規模、急性期、療養型などによって対象疾患、対象年齢も異なります。在宅での生活が目標となるため、基本的な動作の訓練、日常生活動作の訓練、家事動作の獲得などのリハビリテーションが中心となります。機能回復が望める時期であり、理学療法、言語療法と並行して行われることが多いため、作業療法士としての高い専門性と技術力、常に新しい知識や情報を得ようとする向上心が求められます。

もっと詳しく見てみる

精神病院・メンタルクリニック・精神障害者施設での仕事内容

精神疾患によって日常生活に障害をきたしている方に対して、手工芸やスポーツ、レクリエーションなどの作業活動を通して、日常生活や社会生活への適応を促します。色々な作業活動を集団で行うため、作業・レクリエーションの企画や内容を自分自身が楽しんで行えること、周囲に目を配りながらも患者様の心に寄り添う技量が必要となります。また、患者様の言動に振り回されることなく、大きな心と視野を持って適切な対応をとることが求められます。

もっと詳しく見てみる

身体障害関連施設での仕事内容

在宅で生活していて施設まで通ってこられる方や、施設で生活をしていて就労や就学を目指している方など、日常生活にプラスして仕事や余暇活動の充実を図りたい方も対象となるため、機能訓練、日常生活動作訓練だけにはとどまらず、就労や就学、外出するために必要な機能の訓練や情報提供、相談なども行います。福祉機器・福祉用具、社会資源などの幅広い知識と情報を持っていること、多職種や各機関との連絡、連携を積極的に行っていく姿勢が必要です。

もっと詳しく見てみる

発達障害関連施設での作業療法

身体的、知的に発達障害を持っている子供に対して、体や心の発達を促すための機能訓練や身辺動作を習得するための訓練などを、遊びや創作活動、おもちゃを介したやり取りの中で行っていきます。家庭や学校などと情報交換を図りながら、日常の姿勢管理や環境整備を進めていきます。子供は自分で訴えることも大人のように指示された通りに動くこともできないので、子供が楽しんで訓練に臨める工夫・声かけや、成功体験を得られるような課題の提供、成長の変化に応じた柔軟な対応が必要となります。また、親や学校の先生に子供の評価を伝わりやすい言葉で説明し、理解・協力を得る姿勢も重要です。

もっと詳しく見てみる

高齢者施設での仕事内容

加齢や怪我、病気による障害を持つ高齢者の方に対する維持期のリハビリテーションが主となります。在宅や施設で生活している方がより良く毎日を過ごせるように作業療法士が介入していきます。加齢に伴って、将来低下していくと予想される機能への予防的なアプローチや、今できていることを維持するための機能訓練、楽しみとしての作業活動の提供などを行います。高齢者の方が歩んできた人生を総括的に捉えて寄り添う姿勢と、機能訓練だけに捉われず、代理的な方法の提案なども行える幅広い知識と技術、経験が必要となります。

もっと詳しく見てみる

訪問リハビリテーション事業所での仕事内容

加齢や病気、怪我などで心身に障害を負いながらも在宅で生活している方のお宅に訪問してリハビリテーションを行います。対象となる疾患は多岐にわたるため、各疾患の基礎知識、ちょっとした体調の変化に気づける観察力が必要です。心身に対するリハビリテーションだけでなく、患者様の全身状態の把握や環境整備、家族様への助言や指導など幅広いアプローチが必要となり、看護師や主治医、ケアマネジャーなど多職種とのコミュニケーションもかかせません。また、訪問する際のマナーが身についていること、何かアクシデントが起こった時にも一人で対応できる問題解決能力・行動力が必要です。

もっと詳しく見てみる

現役作業療法士さんの仕事内容をご紹介!

PTOTSTJOBで5人の現役作業療法士さんにインタビューを行いました!それぞれの仕事内容をご紹介致します。

男性(39歳) 千葉県内の精神病院勤務

入院施設のある精神病院で主に一時帰宅などのケアに付き添っています。特に自宅に帰って何かするわけではないのですが、リハビリや退院訓練の一環として病院スタッフを伴って患者さんが一時帰宅されます。そこで生活の状況、部屋の状態なども見て、退院までの時間のリハビリの計画にあてたりもします。

また私の場合はデイケアも担当しているので、心理療法士と組んで日常生活の困ったシーンへの対応をみんなで考えたり、デイケアで制作する手作り食器などの素材の発注をしたりなども私の仕事です。

精神科の作業療法士の仕事は広範囲ですが、ほとんどがもともとは日常生活を営んでおられた方が多く精神が荒廃してなにもできない、という方は少ないです。元会社員の方も多く見られます。そのため社会復帰を後押しするためにリワークプログラムへの参加を促したり、基本的な入浴、洗濯の仕方、食事の買い物の仕方などの指導も行います。

あとは個別に利用者さんの悩みを聞いて、生活の相談に乗ったりもします。

女性(33歳) 神奈川県内の高齢者施設勤務

現在は、育児をしながらリハビリの仕事に従事しています。そのため、正社員ではなくパート雇用で働いております。現在働いている施設は、老人介護保険施設で、入所者様のリハビリはもちろん、デイケアを利用している方々のリハビリも担当しています。

高齢者施設なので、理学療法士の方と協力してリハビリを実施しているので、一般病院のように理学療法部門、作業療法部門など明確に分かれてはいません。リハビリスタッフが全員、歩行訓練、ADL訓練、言語訓練など、リハビリ職種の垣根はなく訓練を実施しています。

さらに、入所様には、訓練意外にもレクリエ-ションを企画したり、毎日の集団体操なども実施しております。リハビリ室には、パワーリハも設置されており、パワーリハの機械を用いてのリハビリはもちろん、作業療法としての、作業を使用した訓練や、もちろん利き手交換や、着衣訓練などのADKL訓練も実施しています。リハビリ室のみならず、入居者様の個室にて訓練を実施することも多いです。

女性(27歳) 宮城県内の精神科のデイケア勤務

現在は精神科のデイケアにて若い世代の就労支援に携わっています。利用者様の現在の状態に合わせて、デイケアを居場所として使ったり、ステップアップのための訓練として利用していただけるよう、面接やプログラム運営を中心に行っております。今の職場では、作業療法士だけでなく、看護師や保健師の方も同じスタッフとして介入していますが、プログラムの特性を掴みつつ、その利用者様に適したプログラム内容や作業の遂行方法などを提案することは、作業療法ならではの仕事だと感じています。

本人だけでなく、ご家族の方との面談も行っております。辛い環境にあるのは、ご本人は勿論のこと、家族への負担も大きいので、そのフォローをさせていただきます。また、精神疾患を患う人の中にはご家族との関係がうまく作れない方も多くいるため、基本的にはご本人が家族とどのようにやり取りをし、関係を作るかをご本人にアドバイスさせていただき、必要であればクッション材として3者面談なども行っております。

女性(36歳) 兵庫県内の訪問看護リハビリステーション勤務

訪問看護リハビリステーションで訪問リハビリの仕事をしています。介護保険の要介護、要支援の認定を受けられたリハビリを必要としている方のお宅へ伺ってリハビリテーションを行っています。自転車で事務所から近いところで5分、遠いところでは25分かけて移動します。

午前中に2件、午後から3~4件のお宅を訪問しています。訪問してまず、ご本人様の顔色や問診、体温、血圧、脈拍測定などのバイタルチェックを行い、体調の確認を行います。体調に合わせたリハビリ内容を施行します。お独り暮らしの寝たきりの高齢者の方も多く、ベッドから起きていただいて、水分摂取やトイレへ移動して排泄の介助などを行い、実際に必要な動作を行うことがリハビリとなる方や、調理や編み物、貼り絵や手芸など楽しみとしての作業を行う方、ストレッチや関節可動域訓練など直接的に体を動かして運動や体操を行い、屋外歩行など活動性を高めることを行う方など、ご本人様とご家族様の希望に沿ったリハビリ内容を行います。必要であれば、介助方法の指導や車椅子やポータブルトイレ、歩行器、手すりなどの環境整備、主治医、看護師、ケアマネジャーへの連絡などを行います。

訪問が終われば、事務所へ帰りカルテ記載を行います。カンファレンスや勉強会への参加も行います。

男性(37歳) 千葉県内の介護老人保健施設(老健)勤務

現在は高齢者医療を中心に行なっている医療法人に所属しており、その中の老人保健施設で働いています。仕事内容は入所者やショートステイ、デイケアを利用する人たちへのリハビリテーションの提供になります。

施設には一般の高齢者を受け入れる一般棟と認知症の利用者を受け入れる認知症棟があり、私は認知症棟を担当しています。認知症棟の入所者は約40人になります。ひとりで毎日これだけの人数に個別訓練を行なうことは出来ないため、生活の中にリハビリテーションを取り入れるようにして、利用者の身体機能の向上や日常生活動作能力の向上を図るようにしています。

40人も認知症の利用者がいると何人かは精神的に不安定な人も出てきます。そのような人には精神を落ち着かせることが出来る作業療法を提供し、穏やかに生活が行えるようにアプローチします。新しく入所してきた人への身体機能や認知機能の評価を行なうのも作業療法士の仕事です。入所したらその日のうちに評価を行い、翌日には他職種にフィードバックして安全な介護が行なえるようにしています。

また、適切な移動手段について指示することで、生活の中で安全に運動が行えるようにし、身体レベルが向上するようにしています。

午前中に入所者やショートステイ利用者のリハビリテーションを行い、昼からはデイケアを利用する人へのリハビリテーションを行なっています。入所者とは違い自宅での生活が出来ている高齢者が対象なため、日常生活に必要な動作や歩行練習などを中心に行なっています。コミュニケーションを取れる人がほとんどなため、最近のニュースなどを話しながら明るい雰囲気の中でリハビリテーションを提供しています。

在宅復帰を考えている入所者やデイケアを新規に利用する人に対しては自宅へ訪問し、在宅環境を確認するようにしています。環境を確認することでその人に必要な動作などがわかり、より効果的なリハビリテーションを提供することが出来ます。在宅復帰の際には住宅改修のアドバイスも行なっています。

仕事内容のイメージはつかめましたか?

就職や転職してから「こんなはずじゃなかった!」とならないように、希望の施設の仕事内容を理解しておくことはとても重要です。PTOTSTJOBでは、たくさんの作業療法士さんの転職支援を行ってきたからこそ、施設別の仕事内容・お給料日・プライベートの充実などのメリットデメリットについて詳しくご案内が可能です。「この施設の仕事内容を詳しく知りたい!」など興味を持たれた方は、ぜひ下記のボタンから転職支援にお申込みください。